二重整形の気になる費用を調査【目つきの悪さを改善】

サイトメニュー

手術法によって価格が違う

看護師

予算の確認をする

二重整形の手術法はメスを使うか使わないかで大きくふたつに分けられます。メスを使わない方法は埋没法といい糸でまぶたをとめて折り目をつけて二重を形成します。メスを使って皮膚を切開する方法が切開法ですが、切開をする範囲によって半切開法と全切開法に分けられていることが多いようです。埋没法でまぶたを留めながら、少しだけ切開をするなど、このふたつの手技が同時に行われることもあります。どのような形の目元にしたいのかという希望と元々のまぶたの状態を見て、どのような方法が最も適しているのかを主治医と相談して決めます。メスを使わない整形だということで埋没法のほうが費用は安く、5〜10万円が相場だと言われています。それに対して切開法の費用は25万円ほどになるのが一般的です。しかしこの価格は相場だというだけで、実際に必要になる価格はクリニックによってかなり差があります。またホームページなどに記載されている価格には麻酔の費用が含まれていないなど、トータルでかかる費用が記載されているとは限らないので、確認しておくことが大切です。埋没法は細かな手術法の違いにより価格に差がでてきますが、糸を止める位置が多いほど価格も高くなります。手術法の細かな説明がないまま価格が安いからという理由で手術を受けると、埋没法で糸を止める位置が少ない方法での手術になる可能性が高くなります。糸を止める場所が1か所だけの時には、二重が元に戻ってしまいやすくなるので、もしもしっかりと留めてほしいという時には手術法まで細かく相談をしておくことをおすすめします。二重整形を受ける時に必要な費用は、カウンセリングの段階できちんと確認をしておくとあとで追加請求されても焦らずに支払いができます。手術自体は1日で終わりますが、事前のカウンセリングにかかる価格や手術後の診察などアフターケアにかかる費用が別料金のクリニックもあります。他には麻酔の料金や手術方法の変更に関係する価格アップなども考慮しておきましょう。二重整形は両目のセット価格になっているところが多いかもしれませんが、ほとんどのクリニックで片目だけの手術も行っています。これは両目の二重の幅が違うという人や片側だけが一重だという人が手術を受けられるようにです。左右の目でバランスが違うということはよくあることで、ふたつのバランスを整えるだけで顔の印象を整えることができます。その場合には両目の手術を行うよりも安い費用で手術が受けられることがほとんどです。もし片目だけの手術を受けたいのであれば、費用はどのように変わるのかを聞いておきましょう。どのような手術方法にしたとしても費用を一度で支払うことが難しい場合には分割払いを受け付けているかを確認しておくことも大切です。手術が終わってしまってからでは支払い義務が生じるので、支払いができる状態にしてから申込を行うという流れになります。もしも分割払いができないというクリニックであれば、クリニックの変更を行うか予算がたまるまで手術を延期する必要があります。もしくは最初に予算を決めておいてその範囲内でできるクリニックを探すという方法もあります。事前にしっかりと予算の計画を立てておきましょう。