二重整形の気になる費用を調査【目つきの悪さを改善】

サイトメニュー

ぱっちり目元をつくる為に

診察

憧れの瞳を手に入れよう

美容外科では自分の理想の目元をつくることが出来る二重整形を行っています。目が小さい場合、はっきりとした二重ラインをつくることで大きなぱっちりとした目元をつくることが出来るでしょう。それが二重整形です。目が小さいとどことなく顔の印象が薄くなってしまいます。日本人は外国人と比べると凹凸がなく掘りが浅い人が多くなっているでしょう。その為、全体的にのっぺりとした顔になってしまいます。また蒙古襞が発達していることから目頭部分に皮膚が覆いかぶさり、余計目を小さく見せてしまっています。そんな目元をはっきりとさせる為にも二重整形は大変有効です。費用もメスを使わない施術で約10万円程度、メスを使った施術で約25万円から30万円程度になっています。特に埋没法は費用面でもリーズナブルになっており、メスを使わない施術の為大変人気となっているでしょう。二重整形は例え埋没法であっても多少の腫れなど伴う施術です。特に切開法の場合はメスを使って施術を行う為、腫れや内出血が出やすい施術となっています。その為、施術後ダウンタイムを取る必要があるでしょう。例えば長期休みに合わせて施術を行ったり、休みを取ったりするなど、仕事をしている人などはスケジュール調整が必要となります。特に施術を受けたことをあまり周りの人に知られたくないという場合は、腫れが引くまでの間休みを取る必要があるでしょう。大きな腫れや赤みは埋没法で2〜3日程度、切開法で1週間程度でなくなりますが、腫れや赤みも個人差が大きくなっているでしょう。二重整形をする場合は事前にカウンセリングを行い、どの様な形にしたいのか話し合います。その際ドクターにしっかり自分の理想を伝えることが大切です。ドクターはそれを元にシミュレーションして形をつくります。カウンセリングの際にきちんと納得いくまでドクターと話をしないと仕上がりに影響してくるので、しっかり話をしましょう。また、二重整形は埋没法と切開法に分かれますが、自分がどの様な施術を受けたいのかによって受ける施術が異なります。埋没法の場合はダウンタイムがあまり取れない方や、メスを使った施術は避けたいけれど二重ラインをつくりたいという方におすすめです。また瞼に厚みがある人よりも瞼に脂肪が少なく薄い人に向いている施術であり、脂肪が多いと糸が緩みやすい傾向にあるでしょう。しっかり二重ラインを固定したいという方は切開法がおすすめです。切開法は、ラインを絶対崩したくないという方におすすめの施術でしょう。切開する際に余分な脂肪やたるんで邪魔な皮膚を取り除きながら施術を行ってくれるので、例え脂肪が多くて厚みのある瞼の人でも安心して施術を受けることが出来ます。メスを使って皮膚を切開するので、回復まである程度時間を要しますが、腫れや赤みが落ち着けばはっきりとした目元をつくることが出来るでしょう。幅を広くしたいという方や平行型の目元にぴったりの施術方法です。費用はメスを使用する分、切開法の方が高くなってしまいますが、永久的に二重ラインを残すことが出来るでしょう。その為、費用面だけで考えるのではなく、どの様な施術を受けたいのかじっくり考えることが大切です。